ホーム > キッチン > 掃除嫌いの私がオープンキッチン!?

掃除嫌いの私がオープンキッチン!?

キッチンの間取りををオープンキッチンにするか、セミオープンにするか、

キッチンの前の壁をどれくらい立ち上げるか…。

これって、家を考えてるママ達の間でも必ず話題になる。

掃除嫌いの私が「オープンキッチン」に踏み切った理由とは…。



tomatocan1.jpg

↑オーガニックトマトの空き缶に多肉植物を入れて。
最上級に手がかからなくて安上がりな
インドアグリーンだな、これ(笑)



私は掃除や整理が決~っして得意ではない。

独身の時は「片付けられない女」を地でいってた私だもの。

こんな私がよく「オープンキッチン」に踏み切ったもんだ、と

自分でも思う。

テレビや雑誌を見ていても

「手元を隠したくて、壁をキッチンから15cm立ち上げました」

なんて話はよく聞く。

そりゃ、キッチンの上の吊り戸も、キッチンからの壁の立ち上がりもない

丸見えのキッキンって、すごくすっきりしていて素敵。

でも、大丈夫か、私? できるんか、私?

今まで何度自分に問うた事か�ł�3

でも、うちは旦那と男の子2人。

2人目の男の子を身ごもった日から、絶対料理のできる子に育てようと思った(笑)。

お母さんだけキッチンにこもって料理するって感じは

絶対に避けたい。

そういった事からも、キッチンはできるだけリビングと一体がいい。

じゃあ、手元を隠す?せめてIHの前の壁を残す?

など、やっぱりあれこれ考えていた。

でも、ある時ふっきれた。


30年前

独立キッチンとして、台所はダイニングとは別の部屋っていう

のが普通だった。キッチンは女の城だった。

20年前

台所の部屋のキッチン前の壁をとった、

食堂のような対面スタイルが主流になった。女の城に「窓口」が。

10年前

ダイニングと一緒になって、吊り戸とキッチン前の腰壁で

キッチンを隠した以外はオープンに。

そして、今、完全なオープンスタイルが定番になりつつある。


きっと、30年前のお母さんが今のオープンキッチンを設置したら、

裸で歩いてるような、恥ずかしい落ち着かない気分だったんじゃないだろうか。

(↑大げさかな?)

20年前の「窓口」タイプが主流だった時代を過ごしてきた人が、

腰壁+吊り戸タイプのキッチンにした時だって、絶対思いきりがいったに

違いない。

ベルリンの壁のごとく(なんちゃって)台所の壁は壊され。

少しずつ、少しずつ、ダイニングにとけ込んできたキッチン。

これからも、ダイニングやリビングと一体化して、いつかそれが常識になるだろう。

逆に、オープンになりすぎて「キッチン部屋」としての独立キッチンが

珍しくて注目される時もくるかもしれないけれど、

これから、3人の男性と過ごしていく家として私が求めるスタイルは。

やっぱりダイニングやリビングにできるだけ近くて、

自然に立ち寄れるキッチン。

そう考えたら、オープン以外考えられない。

キッチンの腰壁を15cmあげて、キッチン丸見えを防ぐ?

30年前、独立キッチンだった壁だらけの部屋から、これだけ壁が取れてきた。

15cmなんてもういいやん。

そんな細かい事気にしない!

今のそんな思いきりが、普通に常識になるかもしれない。

今までのお母さん、独立キッチンの頃から少しずつ壁がとれてきた分、

キッチン回りのものも随分すっきりしてきたに違いない。

だから、見せてしまって、それが普通になれば案外慣れるのかも。

「え~い、オープンでいっちゃえ!!」

考えて考えて出した結論。

でもスッキリ。

私の性格だから、きれいに保てる自信があるわけじゃない。

でもいい。

きれいに保てなければ、問題点を考えていこう。

きっと後悔しないはず。



あ~長文。

最後まで読んでくれた方、ありがとう。




どうか、ポチッと応援クリックお願いします↓





にほんブログ村 インテリアブログへ

人気ブログランキングへ


























[ 2009/03/23 00:37 ] キッチン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

おむらちも

Author:おむらちも
今、BOHOインテリアに夢中♪
昔はすごーく片付けが苦手でした!
元インテリアコーディネーター
今、心理カウンセラー
アラフォー、二児の母です。

【楽部屋マインド】を育てよう♪
お片付け無料メール講座へ
心理カウンセラーとして 「心」でお部屋を変えていく方法を メルマガにしました^^
ランキング
*毎日クリック×2していただけると
嬉しいです♪


①↓ここをポチっ!m(_ _)m


②↓ここをポチっ!m(_ _)m
にほんブログ村 インテリアブログ BOHOインテリアへ
ありがとうございます!
これを励みに更新してます(^^)!
お手本
123人のインテリア!値段と内容に大満足!
日本中のインテリアショップをチェ~ック!
やっぱりTRUCK FURNITUREははずせない!
すごい工夫されてるんです。
TRUCKやSTANDARD TRADEは
もちろん渋ナチュラル系家具屋を網羅!
ぴったり合う棚は自分で作るべし!
色々なデザインが載っていて◎
リースを作る前に読んでる本。
感性がビンビン刺激されます。
外国の住宅事情や考え方も参考にします。
shopping
月別アーカイブ
FC2カウンター